ことわざ/縁は異なもの味なもの(えんはいなものあじなもの)とは?

「縁は異なもの味なもの」意味と読み方

【表記】縁は異なもの味なもの
【読み】えんはいなものあじなもの
【ローマ字】ENNHAINAMONOAJINAMONO

【意味】
男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、不思議でおもしろいものであるという意味。

説明

男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、非常に不思議でおもしろいものだということ。理屈では説明できない縁があるという意。多く思いもよらない二人が結ばれるようなときに使う。

詳細

注釈、由来

【注釈】「縁」とは、人の力を超えたところで、人と人を結びつける力の意味で、元は仏教用語。

【出典元】「江戸いろはかるた」
【語源・由来】理屈では説明できない出会いがあり、思いもよらない男女が結ばれた事が由来。「縁」とは「えにし」ともいう。

「縁は異なもの味なもの」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

縁は異なもの(えんはいなもの)

【類義語】

縁は味なもの/何事も縁/縁は知れぬもの/虫が好く/合縁奇縁/出雲の神の縁結び/縁は異なもの

【対義語】

【注意】
異性関係以外で使うのは本来は誤りだが、現在では異性関係以外の結びつきにも使われるようになっている。誤用例 「あのとき私があの店に出向かなければ、今の仕事に就くこともなかったのだから、縁は異なもの味なものだ」「異なもの」を「奇なもの」というのは誤り。

「縁は異なもの味なもの」の例文

【日本語】「縁は異なもの味なもので、彼が入院したときの執刀医である女医と再婚したらしい」
【英語】
Marriage is a lottery./Marriages are made in heaven./Marriage is wonderful./True love is like a ghost; everyone talks of it, few have seen it.

タイトルとURLをコピーしました