ことわざ/一日三秋(いちじつさんしゅう)とは?

「一日三秋」意味と読み方

【表記】一日三秋
【読み】いちじつさんしゅう
【ローマ字】ICHIJITSUSANNSHUU

【意味】
非常に待ち遠しく思うこと。

説明

「三秋」には、秋季の三ヶ月の意味もあるが、ここでの意味は、三度秋を迎えるということから三年。一日会わなかっただけでも、三年も会わなかったように感じる意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「三秋」には、秋季の三ヶ月の意味もあるが、ここでの意味は、三度秋を迎えるということから三年のこと。「日」は「にち」とも読む。

【出典元】「詩経」
【語源・由来】『詩経』に「一日見ざれば三秋の如し」とあるのに基づく。

「一日三秋」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

一刻千秋/一日千秋/一日三秋/一日千秋の思い/三秋の思い

【対義語】

【注意】

「一日三秋」の例文

【日本語】「彼が帰ってくるのを一日三秋の思いで待っている」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました