ことわざ/命の洗濯(いのちのせんたく)とは?

「命の洗濯」意味と読み方

【表記】命の洗濯
【読み】いのちのせんたく
【ローマ字】INOCHINOSENNTAKU

【意味】
普段の苦労から解放されて、のんびり楽しむこと。

説明

気晴らしをして、日ごろの苦労から解放されること。日頃の苦労を忘れたり、緊張から解放されたりするために、気晴らしを楽しむことのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「命の洗濯水いらず」ともいう。

【出典元】-
【語源・由来】命の垢(あか)を洗い流して、寿命をのばそうということが由来。

「命の洗濯」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

命の洗濯水いらず(いのちのせんたくみずいらず)

【類義語】

鬼の居ぬ間に洗濯/命の土用干し/命の洗濯水いらず

【対義語】

【注意】

「命の洗濯」の例文

【日本語】「久しぶりに一人旅に行って、命の洗濯でもしてこようかな」
【英語】
Recreation.

タイトルとURLをコピーしました