ことわざ/一銭を笑う者は一銭に泣く(いっせんをわらうものはいっせんになく)とは?

スポンサーリンク

「一銭を笑う者は一銭に泣く」意味と読み方

【表記】一銭を笑う者は一銭に泣く
【読み】いっせんをわらうものはいっせんになく
【ローマ字】ISSENNWOWARAUMONOHAISSENNNINAKU

【意味】
一銭をおろそかにする者は、その一銭がなくて困るはめになるということから、わずかな額でも、お金は大切にしなければならないという戒め。
スポンサーリンク

説明

「一銭」はわずかな金額を意味し、はした金だからと馬鹿にする者は、そのはした金が無くていつか泣く思いをするだろうということから。どんなに小さい金額でも金銭を粗末に扱ってはならないという戒めの意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「一銭」はわずかな金額を意味し、はした金だからと馬鹿にする者は、そのはした金が無くていつか泣く思いをするだろうということから。どんなに小さい金額でも金銭を粗末に扱ってはならないという戒めの意味を込め、また、貯蓄や倹約の大切さを言うときにも使われる。

【出典元】-
【語源・由来】一銭とは、一円の百分の一。はした金だからと、粗末にしてはいけないということ。

「一銭を笑う者は一銭に泣く」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

一円を笑う者は一円に泣く

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「一銭を笑う者は一銭に泣く」の例文

【日本語】「小銭だからと言って、無駄遣いをしてはいけない。一銭を笑う者は一銭に泣くものだ」
【英語】
Don’t make it useless by slight money,either.

タイトルとURLをコピーしました