ことわざ/亀の甲より年の功(かめのこうよりとしのこう)とは?

「亀の甲より年の功」意味と読み方

【表記】亀の甲より年の功
【読み】かめのこうよりとしのこう
【ローマ字】KAMENOKOUYORITOSHINOKOU

【意味】
年長者の経験や知恵は尊ぶべきであるという意味。

説明

亀は万年生きると言われており、それに比べれば人生の八十年程度は短く感じるとしても、年長者の経験から身につけた知恵や技術は貴ぶべきだという意味。本来は、年長者の長年培ってきた知恵や経験は貴重であるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】本来は「亀の甲より年の劫」と書く。「劫」は、きわめて長い時間。「甲」は、甲羅のことで、「甲」と「劫」の同音をかけてできたことわざ。

【出典元】-
【語源・由来】カメがどれだけ長寿であろうとも、甲羅の価値しかない。反対に人間の知恵や経験は、年を重ねることで、とてつもない価値があるという、「甲」と「功」をかけたことわざ。

「亀の甲より年の功」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

亀の甲より年の劫(かめのこうようりとしのこう)

【類義語】

馬に道をまかす/医者と味噌は古いほどよい/松笠よりも年嵩/医者と坊主は年寄りがよい/医者と坊主は老人がよい/一日の長/松傘より年嵩/烏賊の甲より年の功/老いたる馬は道を忘れず/老馬の智/無駄に鳥居の数をくぐらぬ/習うより慣れろ/蟹の甲より年の功/経験は学問にまさる/蟹の甲より年の劫

【対義語】

松傘より年嵩/騏驎も老いては駑馬に劣る/騏驎も老いては駑馬に劣る

【注意】
「亀の甲より年の効」と書くのは誤り。「年の功」を「年をとる」という意味で使うのは誤り。誤用例 「亀の甲より年の功というもので、数年前までは楽にできた登山も今は足が痛くて登れないよ」

「亀の甲より年の功」の例文

【日本語】「世代や価値観が違うからと言って、親の言うことを否定ばかりしてはいけないよ。亀の甲より年の功で、君たち若者にはない知恵を持っていることもあるのだから」
【英語】
Age and experience teach wisdom./Personal experience is better than book learning./Years know more than books./Years bring wisdom./Experience counts./Experience teaches./Experience is the best teacher.

タイトルとURLをコピーしました