ことわざ/蛙の子は蛙(かえるのこはかえる)とは?

スポンサーリンク

「蛙の子は蛙」意味と読み方

【表記】蛙の子は蛙
【読み】かえるのこはかえる
【ローマ字】KAERUNOKOHAKAERU

【意味】
子どもは親に似るものであるということ。また、凡人の子はやはり凡人であるというたとえ。
スポンサーリンク

説明

子供が年を重ねれば、やがて父に似る。蛙の子はオタマジャクシであり、最初は親と似ても似つかない。しかし最終的には、ヤマメやウナギ、マグロなどの立派な魚になるわけではなく、蛙の子は蛙になるという意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】カエルは、子供の頃はおたまじゃくしで親とは似ても似つかない姿だが、おたまじゃくしも成長すれば親と同じようにカエルになることから。

【出典元】-
【語源・由来】-

「蛙の子は蛙」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

蛙の子は蛙の子(かえるのこはかえるのこ)

【類義語】

蝮の子は蝮 /親に似た亀の子/瓜の蔓に茄子はならぬ/この親にしてこの子あり/この父ありて斯にこの子あり/鳶の子は鷹にならず/狐の子は面白/鳩の卵が鵯にはならぬ/燕雀鳳を生まず

【対義語】

烏の白糞/鳶が鷹を生む/百舌が鷹を生む/鳶が孔雀を生む

【注意】
「所詮、蛙の子は蛙」という意味合いが含まれているので、目上の人に対してや、褒め言葉として直接使うことは避けたい。誤用例 「蛙の子は蛙と言いますか、お父様に似て立派な息子さんですね」
スポンサーリンク

「蛙の子は蛙」の例文

【日本語】「蛙の子は蛙だから、いくら勉強したところで医学部に入学できる訳がない」
【英語】
Like hen, like chicken./Nits will be lice.

タイトルとURLをコピーしました