ことわざ/肝胆相照らす(かんたんあいてらす)とは?

「肝胆相照らす」意味と読み方

【表記】肝胆相照らす
【読み】かんたんあいてらす
【ローマ字】KANNTANNAITERASU

【意味】
互いに心の底まで打ち明けて親しく交際すること。

説明

互いに心の中まで打ち明けて、理解し合い、親しく付き合うことをいう。信頼関係を築くことのたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「肝胆」は、肝臓と胆嚢のことで、どちらも生命を支える大事な臓器であることから、「心の奥底」「真実の心」という意味。「照らす」は、「知り合う」ということで、理解し合い、信頼関係を築くという意味。

【出典元】「故事成語考」
【語源・由来】『故事成語考・朋友賓主』に「肝胆相照らす、斯れを腹心の友と為す」とある。

「肝胆相照らす」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

管鮑の交わり

【対義語】

【注意】

「肝胆相照らす」の例文

【日本語】「あの二人は肝胆相照らす仲だ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました