ことわざ/金持ち喧嘩せず(かねもちけんかせず)とは?

「金持ち喧嘩せず」意味と読み方

【表記】金持ち喧嘩せず
【読み】かねもちけんかせず
【ローマ字】KANEMOCHIKENNKASEZU

【意味】
有利な立場にある者は、細かいことにこだわらず、ゆったり構えているという意味。

説明

喧嘩をしても得にならないことを金持ちは知っているので、人と争うような愚かなことはしないというたとえ。自分の立場を失わないように、保身のためもめごとを避けるのが金持ちの振舞い方だということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】喧嘩をすれば損をするので、利にさとい金持ちは人と争わない。自分の立場を失わないように、保身のためもめごとを避けるのが金持ちの振舞い方だということ。

【出典元】-
【語源・由来】喧嘩をすれば損をするので、利に聡い金持ちは人と争わない事から。 自分の立場を失わないように、保身のためもめごとを避けるのが金持ちの振舞い方だという事。

「金持ち喧嘩せず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

金持ち舟に乗らず/重宝を抱く者は夜行せず/金持ち舟にのらず/金持ち身が大事/千金の子は市に死せず

【対義語】

【注意】

「金持ち喧嘩せず」の例文

【日本語】「変ないちゃもんをつけられても、会長は決して喧嘩を買わないよ。金持ち喧嘩せずだね」
【英語】
Agree, for the law is costly./The wealthy do not fight.

タイトルとURLをコピーしました