ことわざ/隔靴掻痒(かっかそうよう)とは?

「隔靴掻痒」意味と読み方

【表記】隔靴掻痒
【読み】かっかそうよう
【ローマ字】KAKKASOUYOU

【意味】
本質がなく、うわべだけの行動は、何も役に立たない。その状態がもどかしいという意味。

説明

靴を履いたまま痒いところを掻くの意味から。靴で覆いつくされた足の部分が痒くてかこうとしても、どこをかけばいいのか分かりにくくもどかしい、というたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】靴を履いたまま痒いところを掻くの意味から。

【出典元】「無門関」
【語源・由来】『無門関・序』の「棒をふるって月を打ち、靴を隔てて痒きを掻く」とある記述から。

「隔靴掻痒」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

御簾を隔てて高座を覗く/二階から目薬/靴を隔てて痒きを掻く

【対義語】

麻姑掻痒

【注意】

「隔靴掻痒」の例文

【日本語】「一刻も早く処理せなばならないのに、解決策が無くて隔靴掻痒の感がある」
【英語】
Having an itch that one cannot scratch.

タイトルとURLをコピーしました