ことわざ/勝って兜の緒を締めよ(かってかぶとのおをしめよ)とは?

「勝って兜の緒を締めよ」意味と読み方

【表記】勝って兜の緒を締めよ
【読み】かってかぶとのおをしめよ
【ローマ字】KATTEKABUTONOOWOSHIMEYO

【意味】
成功や欲しい物が手に入っても、気を緩めるなという意味。

説明

戦いに勝って、ほっと一息ついて兜を脱いだとき、ふいに敵が襲ってくるとも限らないから、勝ったとしても油断せず、さらに用心せよという意味から。油断を戒めることば。

詳細

注釈、由来

【注釈】油断の戒め。

【出典元】『三河物語』
【語源・由来】戦場において、勝利を確信したからと己の兜をとりさった瞬間に敵が奇襲をかけてくる場合もあるため、決して勝ったからと油断しては命取りになるという意味から転じている。

「勝って兜の緒を締めよ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

油断は怪我のもと/敵に勝ちて愈々戒む

【対義語】

【注意】

「勝って兜の緒を締めよ」の例文

【日本語】「勝って兜の緒を締めよで、二回戦は初戦以上に気を抜かずに戦おう」
【英語】
Don’t halloo till you are out of the wood./You must keep up your guard even after a victory.

タイトルとURLをコピーしました