ことわざ/管鮑の交わり(かんぽうのまじわり)とは?

「管鮑の交わり」意味と読み方

【表記】管鮑の交わり
【読み】かんぽうのまじわり
【ローマ字】KANNPOUNOMAJIWARI

【意味】
お互いのことを理解して、信頼しあうこと。(利害のあるなしに関わらず、親密な交際のたとえ。)

説明

中国、春秋時代の管仲と鮑叔が、少年時代から生涯変わらぬ友情を持ち続けたという話から。親友であった管仲と鮑叔が共に商売をしたときに、貧しかった管仲は自分の分け前を余計に取ったこともあったが、鮑叔はそれを知っても一言も責めなかった。それどころか、二人の友情は深まるばかりで、鮑叔は斉の宰相に管仲を推薦したり、管仲は「我を生みし者は父母、我を知る者は鮑叔なり」と語り、二人の友情は生涯変わることなく続いたという。『晋書』より。また、杜甫は『貧交行』で「君見ずや管鮑貧時の交わりを、此の道、今人棄てて土の如し(貧しかった頃の管仲と鮑叔の、固く結ばれた友情をご覧なさい。今の時代の人々は、あのような友情を土くれのように捨ててしまった)」と詠んで、二人の親交を称えている。

詳細

注釈、由来

【注釈】「管鮑」の「管」は春秋時代の斉の管仲、「鮑」はその親友の鮑叔のこと。

【出典元】「史記」
【語源・由来】「晋書(しんじょ)」王敦(おうとん)管鮑(かんぽう)は、中国春秋時代の斉(せい)の、管仲(かんちゅう)と鮑叔(ほうしゅく)のこと。 若い時から二人はとても仲が良く、管仲が貧しかったときには鮑叔は援助を惜しまなかった。そればかりではなく、管仲を斉の宰相に推薦した。管仲は「我を生みし者は父母、我を知る者は鮑叔なり」と、鮑叔を称賛した。 二人の親交は、終生変わることなく続けられたと故事にあることに基づく。

「管鮑の交わり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

刎頸の頸交わり/断金の交わり/刎頸の交わり/刎頸の友/金蘭の契り/魚と水/水魚の交わり/金石の交わり/膠漆の交わり/断琴の交わり/水魚の親/断金の契り/莫逆の友/心腹の友

【対義語】

【注意】
肉親間での絆の強さに使うのは誤り。誤用例 「あの兄弟は本当に仲が良くて、まさに管鮑の交わりだ」

「管鮑の交わり」の例文

【日本語】「あの二人の友情は、まさに管鮑の交わりといえるものだった」
【英語】
A Damon and Pythias friendship.

タイトルとURLをコピーしました