ことわざ/枯れ木も山の賑わい(かれきもやまのにぎわい)とは?

スポンサーリンク

「枯れ木も山の賑わい」意味と読み方

【表記】枯れ木も山の賑わい
【読み】かれきもやまのにぎわい
【ローマ字】KAREKIMOYAMANONIGIWAI

【意味】
つまらないものでも、ないよりはあったほうがましだというたとえ。
スポンサーリンク

説明

つまらないものでも、あるに越したことはないというたとえ。何もない土だけの山よりかは、枯れ木があるだけでもいいという事。たまに、「枯れ木も山の賑わいとも言います。ぜひ、パーティに参加してください。」と言ってしまう人がいる。「私は枯れ木なのか?」と相手に思わせてしまい、失礼な言い方になるので注意したほうがいい。もし使うのであれば参加する側として、「そうですか、私も是非パーティに参加させてください。昔から枯れ木も山の賑わいと言いますから。」と自分を謙遜したような言い回しなら問題ない。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「枯れ木」は自分のこと、「山の賑わい」は集団を指す。自分のことを謙遜して言う言葉で、老人が若者に混じって何かをする際などに多く用いる。

【出典元】-
【語源・由来】何もない山よりも、たとえ葉っぱ一枚付いていない枯れ木がある方が、それはそれで風情があり趣があるということから。

「枯れ木も山の賑わい」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

枯木も森のにぎわかし/枯れ木も山の飾り/蟻も軍勢/枯れ木も森の賑わかし/餓鬼も人数/歪み木も山の賑わい

【対義語】

無用の長物/月夜に提灯

【注意】
自分を謙遜して言う言葉なので、他人に対して使うのは失礼にあたる。誤用例 「枯れ木も山の賑わいと言いますから、私の結婚式にはぜひ出席してください」
スポンサーリンク

「枯れ木も山の賑わい」の例文

【日本語】「枯れ木も山の賑わいと言いますから、私も参加させていただきます」
【英語】
The more the merrier./A bad bush is better than the open field./Anything is better than nothing.

タイトルとURLをコピーしました