ことわざ/犬馬の心(けんばのこころ)とは?

スポンサーリンク

「犬馬の心」意味と読み方

【表記】犬馬の心
【読み】けんばのこころ
【ローマ字】KENNBANOKOKORO

【意味】
主君に忠義を尽くし、その恩に報いようと思う心。
スポンサーリンク

説明

犬や馬が飼い主に対して持っている服従の気持ちから。主君に対して、命じられるままに惜しみなく忠節を尽くすことのたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「犬馬(けんば)」とは、犬や馬のこと。人に最も忠実に仕事をこなす動物という意味でつかわれる。

【出典元】「史記」三王世家
【語源・由来】「臣窃(ひそ)かに犬馬の心に勝えず、昧死して願ねがう、陛下有司に詔し、盛夏の吉時に因、皇子の位を定めんことを。」「史記」三王世家より。

「犬馬の心」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

狗馬の心

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「犬馬の心」の例文

【日本語】「先生に対しては、一生犬馬の心を持って仕えたい」
【英語】
Good servant should have the back of an ass, the tongue of a sheep and the snout of a swine./It is loyalty and the aim of requital of kindness.

タイトルとURLをコピーしました