ことわざ/子供の喧嘩に親が出る(こどものけんかにおやがでる)とは?

スポンサーリンク

「子供の喧嘩に親が出る」意味と読み方

【表記】子供の喧嘩に親が出る
【読み】こどものけんかにおやがでる
【ローマ字】KODOMONOKENNKANIOYAGADERU

【意味】
子供どうしのけんかに親が口出しをすること。また、つまらないことに他から干渉すること。大人気ないこと。
スポンサーリンク

説明

子供同士の他愛ない喧嘩にそれぞれの親が干渉し、親同士が憎んだり恨んだりすることから転じて、つまらないことに当事者以外がしゃしゃり出て、余計なことをする人の意味。また、大人気ないふるまいや余計な干渉をするたとえ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】子供同士の他愛ない喧嘩にそれぞれの親が干渉し、親同士が憎んだり恨んだりすることから転じて、つまらないことに当事者以外がしゃしゃり出て、余計なことをする人の意味。

【出典元】-
【語源・由来】子供同士のつまらない喧嘩にそれぞれの親が干渉し、親同士が憎んだり恨んだりするようになることから転じて、つまらないことに当事者以外がしゃしゃり出て、余計なことをする人の意味。

「子供の喧嘩に親が出る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

子供喧嘩が親喧嘩

【対義語】

子供の喧嘩親かまわず/童諍い大人知らず

【注意】
スポンサーリンク

「子供の喧嘩に親が出る」の例文

【日本語】「彼が言ったとか言わないとか、彼女が良いとか悪いとか、そもそもあなたに関係のない話でしょう。子供の喧嘩に親が出るような真似はやめなさい」
【英語】
Yelping curs will raise mastiffs.

タイトルとURLをコピーしました