ことわざ/後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)とは?

スポンサーリンク

「後悔先に立たず」意味と読み方

【表記】後悔先に立たず
【読み】こうかいさきにたたず
【ローマ字】KOUKAISAKINITATAZU

【意味】
事が終わった後でいくら悔やんでも、手遅れで取り返しはつかない。
スポンサーリンク

説明

済んだことを後から後悔しても取り返しがつかないので、事前に十分注意しなさいという教え。後悔しないように、事前に注意すべきという戒め。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】すんでいることを後から後悔しても取り返しがつかないので、事前に十分注意しなさいという教え。

【出典元】-
【語源・由来】-

「後悔先に立たず」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

後悔先に立たず提灯持ち後に立たず/後悔と槍持ちは先に立たず/後悔先に立たず、提灯持ち後に立たず/後悔臍を噛む/死んでからの医者話/転ばぬ先の杖/濡れぬ先の傘/はまった後で井戸の蓋をする/先立たぬ悔い

【対義語】

【注意】
「立たず」を「建たず」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「後悔先に立たず」の例文

【日本語】「後悔先に立たずではあるが、あの日あの飛行機に乗らなければと思うと、悔やんでも悔やみきれない思いだ」
【英語】
It cannot regain, even if he repents subsequently./Repentance comes too late.

タイトルとURLをコピーしました