ことわざ/孝行のしたい時分に親はなし(こうこうのしたいじぶんにおやはなし)とは?

「孝行のしたい時分に親はなし」意味と読み方

【表記】孝行のしたい時分に親はなし
【読み】こうこうのしたいじぶんにおやはなし
【ローマ字】KOUKOUNOSHITAIJIBUNNNIOYAHANASHI

【意味】
親孝行をしようと思う時には、すでに親は亡くなっていて孝行できない。

説明

親が達者なうちは、親の苦労や有り難みになかなか気づけず、それに気づく頃には親がこの世にいなくなっているものだ。生きている孝行しておけばよかったと、悔やみ嘆くことをいう。江戸時代に作られた川柳(俳風柳多留)の中の1つ親の気持ちを理解できるような歳になって孝行したいと思っても、そのときには親はない。生きているうちに親孝行すれば良かったと悔やむという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】親が達者なうちは、親の苦労や有り難みになかなか気づけず、それに気づく頃には親がこの世にいなくなっているものだ。生きている孝行しておけばよかったと、悔やみ嘆くことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】江戸時代に作られた川柳(俳風柳多留)の中の1つ

「孝行のしたい時分に親はなし」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

石に布団は着せられぬ/子養わんと欲すれども親待たず/樹静かならんと欲すれども風止まず/風樹の嘆/墓に布団は着せられず/石に布団は着せられず

【対義語】

【注意】

「孝行のしたい時分に親はなし」の例文

【日本語】「孝行のしたい時分に親はなしで、親を亡くしてから後悔ばかりの日々だ」
【英語】
A good thing is known when it is lost./By the time you’d like to be a good son,your parents are already gone./You never miss the water untill the well runs dry./You never miss the water till the well runs dry.

タイトルとURLをコピーしました