ことわざ/紅一点(こういってん)とは?

「紅一点」意味と読み方

【表記】紅一点
【読み】こういってん
【ローマ字】KOUITTENN

【意味】
多くのものの中で異彩を放つもの。特に、多くの男性の中の一人の女性。

説明

「万緑叢中紅一点」の略。多くの緑の葉の中に、ただ一輪、紅色の花が艶やかに咲いている意味から。多くの平凡なものの中に、一つだけすぐれて異彩を放つものが存在することのたとえに用られた。もしくは、多数の男性の中に、女性がひとり華やかに混じっているというたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「万緑叢中紅一点」の略。多くの緑の葉の中に、ただ一輪、紅色の花が艶やかに咲いている意味から。

【出典元】王安石・詩「詠柘榴」
【語源・由来】王安石の詩『石榴を詠ず』に「万緑叢中紅一点、人を動かすに春色多きを須いず(人の心を動かす春の景色に多くのものは要らない。赤い一輪の花だけで充分だ)」とあるのに基づく。

「紅一点」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

掃き溜めに鶴/万緑叢中紅一点/鶏群の一鶴

【対義語】

【注意】
「赤一点」とするのは誤り。

「紅一点」の例文

【日本語】「学生時代からの仲良しグループに、紅一点彼女が混ざっていた」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました