ことわざ/骨肉相食む(こつにくあいはむ)とは?

スポンサーリンク

「骨肉相食む」意味と読み方

【表記】骨肉相食む
【読み】こつにくあいはむ
【ローマ字】KOTSUNIKUAIHAMU

【意味】
親子、兄弟など血縁関係にある者同士が争い合うこと。
スポンサーリンク

説明

肉親同士が激しく争うこと。たとえ肉親であっても、利害が生じるような状況になると、他人同士以上の憎しみを生む場合もあるものだ。肉親同士以外の争いに使うのは誤り。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「骨肉」とは、骨と肉のように切っても切り離せないもののこと。ここでは親子や兄弟など血の繋がった者の関係をいう。「食む」は、害する、損なうなどの意味を持つ。

【出典元】-
【語源・由来】「骨肉」とは、骨と肉のように切っても切り離せないもののこと。ここでは親子や兄弟など血の繋がった者の関係をいう。「食む」は、害する、損なうなどの意味を持つ。たとえ肉親であっても、利害が生じるような状況になると、他人同士以上の憎しみを生む場合もあるものだ。

「骨肉相食む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

骨肉相争う(こつにくあいあらそう)

【類義語】

兄弟牆に鬩ぐ/血で血を洗う/骨肉の争い

【対義語】

【注意】
肉親同士以外の争いに使うのは誤り。
スポンサーリンク

「骨肉相食む」の例文

【日本語】「仲の良い兄弟だったのに、親の遺産をめぐって、骨肉相食む争いをするようになった」
【英語】
There is a strife among the same flesh and blood.

タイトルとURLをコピーしました