ことわざ/窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)とは?

「窮鼠猫を噛む」意味と読み方

【表記】窮鼠猫を噛む
【読み】きゅうそねこをかむ
【ローマ字】KYUUSONEKOWOKAMU

【意味】
窮地に追い込まれると、弱者が強者に反撃するというたとえ。

説明

追い詰められたネズミが逃げ場を失ったとき、猫に噛みつくことがある。どんなに弱い者でも、窮地に追い詰められれば、強い者に攻撃するというたとえ。弱者や、立場が下の者を侮ってはいけないと言う事。「死して再びは生きずとなれば、窮鼠も狸を噛む(窮地に立たされた鼠は狸(猫のこと。)を噛む)」中国前漢時代の討論会(塩鉄会議)の記録を、60篇に編纂した書物『塩鉄論・詔聖』より。「窮鼠反って猫を噛む」とも。

詳細

注釈、由来

【注釈】「窮鼠」は追い詰められたネズミのこと。・

【出典元】「塩鉄論」
【語源・由来】中国前漢時代の討論会(塩鉄会議)の記録を、政治家・学者の桓寛が60篇にまとめた書物『塩鉄論・詔聖』より。 「死して再びは生きずとなれば、窮鼠も狸(野猫)を噛む(死に物狂いになった鼠は猫を噛むこともある)」という記述から。

「窮鼠猫を噛む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

窮寇は追うことなかれ/窮鼠反って猫を噛む/禽も困しめば車を覆す/窮冠は迫ること勿れ/獣窮まれば即ち噛む

【対義語】

【注意】

「窮鼠猫を噛む」の例文

【日本語】「あまりのひどい仕打ちに、窮鼠猫を噛むということもある。権力者は、権力を振りかざしてばかりいると、いつか反撃されるだろう」
【英語】
A stag at bay is a dangerous foe./Despair gives courage to a coward./A baited cat may grow as fierce as a lion./Despair makes cowards courageous./a cornered rat will bite a catEven a worm will turn.

タイトルとURLをコピーしました