ことわざ/聞いて極楽見て地獄(きいてごくらくみてじごく)とは?

「聞いて極楽見て地獄」意味と読み方

【表記】聞いて極楽見て地獄
【読み】きいてごくらくみてじごく
【ローマ字】KIITEGOKURAKUMITEJIGOKU

【意味】
人から聞いた話と、自分で実際に見たのでは、非常に差があるという意味。

説明

外で聞いた話と、実際に体験するのとでは大違いであるというたとえ。はたから聞くと極楽のように感じるが、実際に体験するとまるで地獄のようだという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「極楽」も「地獄」も死後の世界のことを指すが、言葉の意味としては苦楽(苦は苦しいこと=地獄。楽は楽すること=極楽)のことをいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「聞いて極楽見て地獄」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

見ては極楽住んでは地獄(みてはごくらくすんではじごく)

【類義語】

聞いて千金見て一毛/見ると聞くとは大違い/見ての極楽住んでの地獄/聞いて千金見て一文/聞いて千両見て一文

【対義語】

【注意】

「聞いて極楽見て地獄」の例文

【日本語】「憧れていた街に引っ越してみたけれど、まさに聞いて極楽見て地獄だったよ」
【英語】
A paradise on hearsay, a hell at sight./Fame is a liar./Imagination goes a long way.

タイトルとURLをコピーしました