ことわざ/京に田舎あり(きょうにいなかあり)とは?

スポンサーリンク

「京に田舎あり」意味と読み方

【表記】京に田舎あり
【読み】きょうにいなかあり
【ローマ字】KYOUNIINAKAARI

【意味】
にぎやかな都にも、田舎のような寂しい場所や風習があるということ。
スポンサーリンク

説明

にぎやかな都会の中でも、まだひらけていない田舎めいた場所や、古い習慣が残っているという事。田舎の様な、ひなびた風俗が残っているという事。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「京」は都、都会をあらわす。あとに「田舎に京あり」と続けてもいう。

【出典元】「上方いろはかるた」
【語源・由来】「京」は都、都会を表している事から。

「京に田舎あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

都にも田舎

【対義語】

田舎に京あり/山に里あり

【注意】
スポンサーリンク

「京に田舎あり」の例文

【日本語】「京に田舎ありで、自然がいっぱいのところもあるんだね」
【英語】
The country is located in Kyoto.・A place like the country is located also in a city.

タイトルとURLをコピーしました