ことわざ/九仞の功を一簣に虧く(きゅうじんのこうをいっきにかく)とは?

「九仞の功を一簣に虧く」意味と読み方

【表記】九仞の功を一簣に虧く
【読み】きゅうじんのこうをいっきにかく
【ローマ字】KYUUJINNNOKOUWOIKKINIKAKU

【意味】
長い間の苦労や努力も、最後のわずかな失敗から不成功に終わること。

説明

高い山を作るのに、最後にもっこ一杯の土を欠けば完成しないことから。『書経・周書』に「山を為ること九仞、功一簣に虧く」とある。『書経・周書』は孔子が編纂したとされる政治史・政教を記したもの。

詳細

注釈、由来

【注釈】「仞」は古代中国の高さや深さの単位で、「九仞」は非常に高いという意。「簣」は土を運ぶかご。もっこ。「虧く」は損なうこと。

【出典元】『書経・周書』
【語源・由来】『書経・周書』に「山を為ること九仞、功一簣に虧く」とある。

「九仞の功を一簣に虧く」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

画竜点睛を欠く/百日の説法屁一つ/草履履き際で仕損じる/千日に刈った萱を一時に亡ぼす/千日の行屁一つ/終身善を為し一言則ち之を破る/磯際で船を破る/杯と唇の間で取り落とす/千日の行を一度に破る/仏作っても開眼せねば木の切れも同然/仏作って魂入れず/仏作って眼を入れず/港口で難船

【対義語】

【注意】
「九仞の功を一気に虧く」と書くのは誤り。

「九仞の功を一簣に虧く」の例文

【日本語】「九仞の功を一簣に虧くことがないよう、最後まで気を緩めず取り組もう」
【英語】
to fail one step short of great successto fall at the last hurdleexpression meaning to fail one step short of great success.

タイトルとURLをコピーしました