ことわざ/眉に唾をつける(まゆにつばをつける)とは?

「眉に唾をつける」意味と読み方

【表記】眉に唾をつける
【読み】まゆにつばをつける
【ローマ字】MAYUNITSUBAWOTSUKERU

【意味】
だまされないように用心すること。

説明

狐や狸に化かされないためには、眉に唾をつけると良いという俗説から、疑わしい物に騙されないために用心することをいう。騙されないように用心するたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】狐や狸に化かされないためには、眉に唾をつけると良いという俗言から、疑わしい物に騙されないために用心することをいう。

【出典元】-
【語源・由来】-

「眉に唾をつける」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

眉唾(まゆつば)/眉唾を塗る(まゆつばをぬる)/眉に唾をする(まゆにつばをする)/眉毛に唾を付ける(まゆにつばをつける)

【類義語】

【対義語】

【注意】

「眉に唾をつける」の例文

【日本語】「簡単に金儲けができるという話を彼に持ちかけられたが、彼の話はいつも眉に唾をつけて聞いているよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました