ことわざ/負けるが勝ち(まけるがかち)とは?

スポンサーリンク

「負けるが勝ち」意味と読み方

【表記】負けるが勝ち
【読み】まけるがかち
【ローマ字】MAKERUGAKACHI

【意味】
相手に勝ちを譲っておくほうが、結局は得策だということ。
スポンサーリンク

説明

一見負けたように見えたとしても、あえて争うことを放棄していったん相手に勝ちを譲ることのほうが、結局は勝ちに結びつく例が多いことから生まれたことわざ。時には、あえて争わないで相手に勝ちを譲ったほうが、結果的には自分に有利となって勝利に結びつくことがあるということ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】一見の争いであっても、相手に勝利をゆずることで、大きな意味では自分が勝利をするという意味。

【出典元】『江戸いろはかるた』
【語源・由来】『江戸いろはかるた』の「ま」

「負けるが勝ち」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

負けるは勝ち(まけるはかち)

【類義語】

叩かれた夜は寝やすい/三十六計逃げるに如かず/逃ぐるが奥の手/負けるは勝ち/逃げるが勝ち/負けて勝つ/征服のための屈服/逃げるが一の手/逃ぐるをば剛の者

【対義語】

【注意】
「負ければ勝ち」というのは誤り。
スポンサーリンク

「負けるが勝ち」の例文

【日本語】「ちょっと待て、ここは黙って様子をみよう。下手に攻撃しないほうが、負けるが勝ちになるかもしれない」
【英語】
Yielding is sometimes the best way of succeeding./He stoops to conquer.

タイトルとURLをコピーしました