ことわざ/待つ間が花(まつまがはな)とは?

「待つ間が花」意味と読み方

【表記】待つ間が花
【読み】まつまがはな
【ローマ字】MATSUMAGAHANA

【意味】
結果を予想して待っている間が一番楽しいという意味。

説明

あれこれ想像に胸を躍らせて待っている間が最も良い時期で、現実になってみるとそれほどでもないということ。あれこれ想像して待っている間が一番楽しいということ。「花」とは、いちばんいい時というたとえ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「花」は一番楽しい時の意味。

【出典元】-
【語源・由来】-

「待つ間が花」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

待つうちが花(まつうちがはな)/待つが花(まつがはな)

【類義語】

待つ内が花/待つうちが花/祭の日より前の日/待つが花/祭りより前の日/成らぬうちが楽しみ/見ぬが心にくし/ならぬうちが楽しみ/見ぬが花/添わぬうちが花/祭りの日より前の日

【対義語】

【注意】

「待つ間が花」の例文

【日本語】「独身時代は新婚生活にああでもないこうでもないと期待して楽しかったが、実際に結婚してみるとそうでもなく、待つ間が花なのだと思った」
【英語】
Easter so longed for is gone in a day./It is better to travel hopefully than to arrive.

タイトルとURLをコピーしました