ことわざ/馬子にも衣装(まごにもいしょう)とは?

「馬子にも衣装」意味と読み方

【表記】馬子にも衣装
【読み】まごにもいしょう
【ローマ字】MAGONIMOISHOU

【意味】
誰でも外面を飾ると立派に見えるというたとえ。

説明

どんな人間も、身なりを整えれば、それなりに見えるという意味。「馬子」とは馬に荷物や人を乗せて運ぶことを職業にしている人で、鎌倉時代より前から農夫がやっていた仕事だった。そのため、身なりはあまり良いとはいえず、こうした言葉が生まれたと思われる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「馬子」とは、駄馬に荷物や人を乗せて運ぶことを職業とした人。馬子は、馬方(うまかた)、馬追(うまおい)、馬引(うまひき)とも言う。

【出典元】-
【語源・由来】馬子のような身分の低い人でも羽織袴を着れば、立派に見えることから。

「馬子にも衣装」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

馬子にも衣装髪形(まごにもいしょうかみがた)/馬子にも衣裳(まごにもいしょう)

【類義語】

麦藁人形も装束から/切株にも衣裳/藁人形も作りから/着物が人をつくる/鬼瓦にも化粧/猿にも衣装/姿は作り物/人形にも衣装/切り株にも衣装/木偶も髪かたち/杭にも笠/木株にも物着せよ

【対義語】

公卿にも襤褸/君飾らざれば臣敬わず/衣ばかりで和尚はできぬ/公卿にもつづれ

【注意】
他人に使うときは、失礼にあたる言い方をしない。(主に親しい間柄で冗談まじりに使う) 誤用例 「お嬢様の結婚式にお招きいただきありがとうございます。馬子にも衣装で、素敵な花嫁姿でした」 「孫にも衣装」と書くのは誤り。

「馬子にも衣装」の例文

【日本語】「馬子にも衣装というもので、ドレスを着た娘がまるで女優のように思えたよ」
【英語】
Apparel makes the man./Fair feathers make fair fowls.

タイトルとURLをコピーしました