ことわざ/泣いて馬謖を斬る(ないてばしょくをきる)とは?

「泣いて馬謖を斬る」意味と読み方

【表記】泣いて馬謖を斬る
【読み】ないてばしょくをきる
【ローマ字】NAITEBASHOKUWOKIRU

【意味】
たとえ愛する者であっても、規律を保つために違反者は処罰すること。

説明

三国時代、蜀の諸葛孔明が魏と戦ったとき、親友の弟で腹心の部下だった馬謖が命令に背き、布陣したため大敗を喫した。孔明は軍法に従い、涙を流して馬謖を斬罪にしたという『三国志・蜀志・馬謖伝』にある故事に基づく。規律や秩序を守るためには、たとえ肉親や親しい人であろうと己の情を捨て、切り捨てないといけないという意味である。

詳細

注釈、由来

【注釈】「馬謖」は諸葛孔明の部下。孔明の親友の弟にあたる。

【出典元】「十八史略」
【語源・由来】中国の三国時代、蜀の諸葛孔明は臣下の馬謖が命に従わず魏に大敗したために、涙ながらに斬罪に処したという『十八史略』の故事から。

「泣いて馬謖を斬る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

涙を揮いて馬謖を斬る

【対義語】

【注意】

「泣いて馬謖を斬る」の例文

【日本語】「会社を建て直すためには、息子であっても役員から退けなければならない。社長は泣いて馬謖を斬る思いで、息子の解雇を申し渡した」
【英語】
To make a costly sacrifice in the course of justice.

タイトルとURLをコピーしました