ことわざ/無くて七癖(なくてななくせ)とは?

「無くて七癖」意味と読み方

【表記】無くて七癖
【読み】なくてななくせ
【ローマ字】NAKUTENANAKUSE

【意味】
どんな人でも多少の癖は持っているという意味。

説明

癖がないように見えても、7つぐらいは癖があるだろうといった意味から。どんな人でも必ず癖はあるもの。「なくて」と「ななくせ」で語呂合わせのことわざ。連続する単語の頭文字が同じか、同じ音の子音で始まる状態を指し、頭に入りやすく、頭韻法と呼ばれる。「ななくせ」は、「しちくせ」と読んでも間違いではないが、「なくて」と頭韻を踏めなくなるので、「ななくせ」と読んだほうが本来の意味となる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「七」は「無くて」の「な」に音を合わせ、調子を合わせたもの。

【出典元】-
【語源・由来】-

「無くて七癖」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

なくて七癖あって四十八癖/人に一癖馬に馬癖/難無くして七癖/人に一癖/無くて七癖あって四十八癖/人に七癖我が身に八癖/難なくして七癖

【対義語】

【注意】
「七癖」を「しちくせ」と読むのは必ずしも誤りではないが、「無くて」に掛けられた言葉なので使用は避けたい。

「無くて七癖」の例文

【日本語】「自分の癖というものが思い当たらないが、無くて七癖だからきっと他人から見れば違うのだろう」
【英語】
Every man has his own peculiar habits./Every man has his faults./Everyone has his foibles.

タイトルとURLをコピーしました