ことわざ/汝の敵を愛せよ(なんじのてきをあいせよ)とは?

「汝の敵を愛せよ」意味と読み方

【表記】汝の敵を愛せよ
【読み】なんじのてきをあいせよ
【ローマ字】NANNJINOTEKIWOAISEYO

【意味】
悪意を抱いて迫害するような者にこそ、慈愛の心を持たなければならないという意味。

説明

こちらに好意を持ってくれる人を愛するのは誰にでもできる。悪意を示したり、迫害したりする者をも愛することこそ真の愛だという教え。『新約聖書』マタイによる福音書第五章・ルカによる福音書第六章に「自分を愛してくれる人を愛することは、誰にでもできる。悪意をもって自分を迫害する者にこそ、慈愛をもって接しなければならない」とある。

詳細

注釈、由来

【注釈】自分の目の前にいるライバルや敵も、憎しみあうよりも、友好的であることも大切であるという意味。イエス・キリストの言葉で、ユダヤ教による報復や復讐の教えに対する戒め。

【出典元】「新約聖書」
【語源・由来】「新約聖書」マタイによる福音書第五章、ルカによる福音書第六章に「自分を愛してくれる人を愛することは、誰にでもできる。悪意をもって自分を迫害する者にこそ、慈愛をもって接しなければならない」とある。

「汝の敵を愛せよ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】

「汝の敵を愛せよ」の例文

【日本語】「憎み続けることはよくない、汝の敵を愛せよという言葉があるだろう」
【英語】
Love your enemies.

タイトルとURLをコピーしました