ことわざ/情けが仇(なさけがあだ)とは?

スポンサーリンク

「情けが仇」意味と読み方

【表記】情けが仇
【読み】なさけがあだ
【ローマ字】NASAKEGAADA

【意味】
好意でしたことが、かえって相手のためにならないこと。
スポンサーリンク

説明

親切や同情からしたことが、かえって相手のためにならない結果となること。他人に対し、少なからずの情けや好意を持ってしまったことが逆に良くない結果を招くという意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】-

【出典元】-
【語源・由来】-

「情けが仇」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

情けの罪科/情けも過ぎれば仇となる/恩が仇/慈悲が仇になる/情けが仇/始めの情け今の仇/情けも過ぐれば仇となる

【対義語】

情けは人の為ならず/人を思うは身を思う

【注意】
スポンサーリンク

「情けが仇」の例文

【日本語】「金持ちの親は子供に大金を与えていたが、それは情けが仇というもので、子は成長できないままだった」
【英語】
The beggar pays a benefit with a louse./To bite the hand that feeds oneUngrateful person.

タイトルとURLをコピーしました