ことわざ/生兵法は大怪我のもと(なまびょうほうはおおけがのもと)とは?

「生兵法は大怪我のもと」意味と読み方

【表記】生兵法は大怪我のもと
【読み】なまびょうほうはおおけがのもと
【ローマ字】NAMABYOUHOUHAOOKEGANOMOTO

【意味】
生半可な知識や技術に頼って物事を行うと、かえって大失敗をすること。

説明

少しばかりの知識や技術を知っていると、それに頼って大怪我をすることがあるという戒め。浅い知識やうろ覚えの技術は、かえって危険なものである。中途半端な知識や技術に頼って事を行うと、かえって大失敗を招くというたとえ。「生兵法」は、未熟な兵法や武術のこと。また、十分身についていない知識や技術のこと。

詳細

注釈、由来

【注釈】「生兵法」とは、ちょっと聞きかじった兵法や武術のこと。「もと」は「元」「基」「本」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】-

「生兵法は大怪我のもと」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

生兵法は怪我のもと(なまびょうほうはけがのもと)/生兵法は大疵のもと(なまびょうほうはおおきずのもと)

【類義語】

生悟り堀に落ちる/生物識り川へはまる/生兵法は知らぬに劣る/生物知り地獄へ落ちる/生物識り地獄に落ちる

【対義語】

【注意】
「生兵法」を「なまへいほう」と読むのは誤り。

「生兵法は大怪我のもと」の例文

【日本語】「まだプロになってから日も浅いのに、チャンピオンに挑戦するのはやめておいたほうが良い。生兵法は大怪我のもとだよ」
【英語】
A little learning is a dangerous thing.

タイトルとURLをコピーしました