ことわざ/七度尋ねて人を疑え(ななたびたずねてひとをうたがえ)とは?

「七度尋ねて人を疑え」意味と読み方

【表記】七度尋ねて人を疑え
【読み】ななたびたずねてひとをうたがえ
【ローマ字】NANATABITAZUNETEHITOWOUTAGAE

【意味】
むやみに人を疑ってはいけないという意味。

説明

物が紛失した時には、自分で丹念に探してみるのが先決で、軽々しく人を疑ってはいけないという戒めの言葉。七回探しても見つからない時に、はじめて人を疑えという意から。

詳細

注釈、由来

【注釈】「尋ねる」は「探す」の意。

【出典元】-
【語源・由来】ー

「七度尋ねて人を疑え」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

七度探して人を疑え(ななどさがしてひとをうたがえ)

【類義語】

七度探して人を疑え/七日尋ねて人を疑え/十遍探して人を疑え

【対義語】

人を見たら泥棒と思え

【注意】

「七度尋ねて人を疑え」の例文

【日本語】「七度尋ねて人を疑えだ。もっとよく自分で探すべきだよ」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました