ことわざ/習うより慣れろ(ならうよりなれろ)とは?

「習うより慣れろ」意味と読み方

【表記】習うより慣れろ
【読み】ならうよりなれろ
【ローマ字】NARAUYORINARERO

【意味】
物事は人に教えられるよりも、自分で実際にやってみて経験を重ねたほうが上達するという意味。

説明

あらたまって人から教えてもらうより、実際に経験を積んだ方が身につくということ。人や本などから知識として教わるよりも、実際に自分が経験を重ねた方が上達が早いという意味。

詳細

注釈、由来

【注釈】「習う」とは、知識や技術の教えを受けるということ。本来は「習うより慣れよ」となる。

【出典元】-
【語源・由来】元の言葉は「習うより慣れよ」です。この場合の「習う」は、「教わる」「教えを受ける」という意味を用います。 何かを見本にして真似をするという意味では使いません。

「習うより慣れろ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

習うより慣れよ(ならうよりなれよ)

【類義語】

経験は学問にまさる/亀の甲より年の功

【対義語】

【注意】

「習うより慣れろ」の例文

【日本語】「どうしても車の運転が苦手で、教本を読んだり講習を受けたりしたのだが、思うように上達しなかった。でも、何度も駐車場で練習をしているうちに、見違えるほど車の運転が上手になったよ。習うより慣れろということだね」
【英語】
Practice makes perfect./Let your body do the work./Custom makes all things easy.

タイトルとURLをコピーしました