ことわざ/習わぬ経は読めぬ(ならわぬきょうはよめぬ)とは?

スポンサーリンク

「習わぬ経は読めぬ」意味と読み方

【表記】習わぬ経は読めぬ
【読み】ならわぬきょうはよめぬ
【ローマ字】NARAWANUKYOUHAYOMENU

【意味】
学んだことのないことは、やれと言われてもできるものではないという意味。
スポンサーリンク

説明

習ってもいないお経を読めと言われても読めないように、知らないことをいくらやれと言われてもできないことから。知識や経験のないことは、いくらやれといわれても出来るものではないというたとえ。習ってもいないお経など、難しくて読めるはずがないという意から。習ったことのないお経を読むことができないことから転じたことわざ。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】『尾張いろはかるた』の「な」。

【出典元】-
【語源・由来】「尾張いろはかるた」の「か」。

「習わぬ経は読めぬ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

門前の小僧習わぬ経を読む

【注意】
スポンサーリンク

「習わぬ経は読めぬ」の例文

【日本語】「習わぬ経は読めぬで、外国人に英語で話しかけられたが、会話することはできなかった」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました