ことわざ/己の欲せざる所は人に施す勿れ(おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ)とは?

「己の欲せざる所は人に施す勿れ」意味と読み方

【表記】己の欲せざる所は人に施す勿れ
【読み】おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ
【ローマ字】ONORENOHOSSEZARUTOKOROHAHITONIHODOKOSUNAKARE

【意味】
自分がしてほしくないことは、他人にもしてはならない。

説明

自分が他人からされたくないと思うことは、決して他人にしてはならないということ。孔子が弟子の子貢に「一生守ることができる徳目はないでしょうか」と聞かれたときに、「其れ恕か。己の欲せざる所は人に施す勿れ(それは、思いやりというものだ。自分がして欲しくないことを、人にするべきではない)」と答えたことばから。また、孔子が弟子の仲弓から「仁とは何でしょうか」と聞かれたときに答えたことば。

詳細

注釈、由来

【注釈】「己の欲せざる所」とは、自分が望まないこと。「人に施す勿れ」とは、他の人にやるなという意味。

【出典元】「論語」
【語源・由来】「論語」より。孔子が弟子の子貢から、「終生実行すべきことばはなにか」という問いに、「それ恕か。己の欲せざる所は人に施す勿れ」と答えたとされる。また、弟子の仲弓から「仁とはなにか」と問われたときも同じ答えをだした。

「己の欲せざる所は人に施す勿れ」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

我が身をつねって人の痛さを知れ

【対義語】

己の欲する所を人に施せ

【注意】

「己の欲せざる所は人に施す勿れ」の例文

【日本語】「君が嫌なら、彼も嫌がる。己の欲せざる所は人に施す勿れだ」
【英語】
Do as you would be done to./Others also dislike disliking one./Do to others as you would have others do to you.

タイトルとURLをコピーしました