ことわざ/精神一到何事か成らざらん(せいしんいっとうなにごとかならざらん)とは?

スポンサーリンク

「精神一到何事か成らざらん」意味と読み方

【表記】精神一到何事か成らざらん
【読み】せいしんいっとうなにごとかならざらん
【ローマ字】SEISHINNITTOUNANIGOTOKANARAZARANN

【意味】
精神を集中して事に当たれば、どんな難しいことでも成し遂げられないことはない。
スポンサーリンク

説明

やると心に誓って物事に当たれば、どんなことでも出来ないことはない。精神力があれば、道は開けてくるという教え。「朱子語類・八・学二」の「陽気の発する処、金石も亦透る、精神一到何事か成らざらん」に基づく。精神を一つのことに集中して全力を尽くせば、何事でも成し遂げられるという意味。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「精神一倒」は精神集中という意味。「成らざらん」は成らざらむ(成らない)の打ち消しで、「成らないということはない。」と解する。

【出典元】『朱子語類・八・学二』
【語源・由来】『朱子語類・八・学二』に「陽気の発する処、金石も亦透る、精神一到何事か成らざらん(天地間の陽気が発すれば、金や石も突き通してしまう。精神を集中して行えば、何事も成就できないことはない)」とある。

「精神一到何事か成らざらん」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

石に立つ矢/為せば成る、為さねば成らぬ何事も/一念岩をも通す/雨垂れ石を穿つ/念力岩を徹す/点滴石を穿つ/志ある者は事ついに成る/一念天に通ず/蚤の息さえ天に昇る/思う念力岩をも通す/成功とは精神の別名なり/蟻の思いも天に届く

【対義語】

【注意】
「精神一到」を「精神一倒」「精神一統」「精神統一」とするのは誤り。
スポンサーリンク

「精神一到何事か成らざらん」の例文

【日本語】「出来るわけがないと夢をあきらめるのは簡単だが、精神一到何事か成らざらんというように、あきらめず努力すれば必ず希望が見えてくるはずだと思うよ」
【英語】
Nothing is impossible to a willing heart./Where there’s a will, there’s a way./It is dogged that does it./Nothing is impossible to the man who can will.

タイトルとURLをコピーしました