ことわざ/青雲の志(せいうんのこころざし)とは?

スポンサーリンク

「青雲の志」意味と読み方

【表記】青雲の志
【読み】せいうんのこころざし
【ローマ字】SEIUNNNOKOKOROZASHI

【意味】
手柄を立て、立身出世しようとする志。
スポンサーリンク

説明

「青雲」とは、高く晴れた空の意味から、高位高官、立身出世のたとえ。立身出世して高い地位を得ようとする志。王勃『滕王閣序』にある「窮しては且に益堅ならんとして、青雲の志を落とさず(貧乏していてもその志はますます高く、高位高官を得たいという志を失わないようにするの意味)」に基づく。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「青雲」とは、高く晴れた空の意味から、高位高官、立身出世のたとえ。

【出典元】王勃「滕王閣序」
【語源・由来】王勃「滕王閣序」の「窮しては且に益堅ならんとして、青雲の志を落とさず」に基づく。

「青雲の志」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

陵雲の志/凌雲の志/鴻鵠の志/風雲の志

【対義語】

【注意】
「青嵐の志」は誤り。
スポンサーリンク

「青雲の志」の例文

【日本語】「青雲の志をいつまでも抱き続ける人生でありたい」
【英語】
high ambition.

タイトルとURLをコピーしました