ことわざ/銭ある時は鬼をも使う(ぜにあるときはおにをもつかう)とは?

「銭ある時は鬼をも使う」意味と読み方

【表記】銭ある時は鬼をも使う
【読み】ぜにあるときはおにをもつかう
【ローマ字】ZENIARUTOKIHAONIWOMOTSUKAU

【意味】
お金さえ持っていれば、どんな人でも意のままに使えるという意味。

説明

金があれば、恐ろしい鬼であっても、思うままに使うことができるということから。金の力の大きさをいったことば。

詳細

注釈、由来

【注釈】金があれば、恐ろしい鬼であっても、思うままに使うことができるということから。

【出典元】「通俗編」
【語源・由来】『通俗編』に「銭有れば鬼をも使うべし」とある。

「銭ある時は鬼をも使う」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

阿弥陀の光も銭次第/金が言わせる追従/金があれば馬鹿も旦那/金さえあれば行く先で旦那/金が物を言う/金が言わせる旦那/阿弥陀も銭で光る/金さえあれば飛ぶ鳥も落ちる/地獄極楽の道も銭/成るも成らぬも金次第/仏の沙汰も銭/先立つ物は金/地獄極楽金次第/金は威光の元/金は仏ほど光る/金の光は阿弥陀ほど/金の光は七光/人間万事金の世の中/千金は死せず百金は刑せられず/地獄の沙汰も金次第/銭ある時は石仏も頭を返す/冥土の道も金次第/銭ある者は生き、銭なき者は死す/銭あれば木仏も面を和らぐ/銭あれば木仏も面を返す/仏の光より金の光/銭は阿弥陀ほど光る

【対義語】

【注意】

「銭ある時は鬼をも使う」の例文

【日本語】「銭ある時は鬼をも使うで、彼は元の上司を作業員として使っているそうだ」
【英語】
Money makes masters./Money makes the mare to go.

タイトルとURLをコピーしました