ことわざ/鶴は千年、亀は万年(つるはせんねん、かめはまんねん)とは?

「鶴は千年、亀は万年」意味と読み方

【表記】鶴は千年、亀は万年
【読み】つるはせんねん、かめはまんねん
【ローマ字】TSURUHASENNNENN,KAMEHAMANNNENN

【意味】
昔から、鶴や亀は長寿の動物とされていることから、長寿で、めでたいこと。

説明

鶴と亀は寿命が長い代表で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われる。実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20~30年、亀はゾウガメで100~200年といわれている。

詳細

注釈、由来

【注釈】鶴と亀は寿命が長い代表で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われる。 実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20~30年、亀はゾウガメで100~200年といわれている。

【出典元】「神仙譚」
【語源・由来】出典は中国の「神仙譚」より。神仙とは、神または仙人のことでのこと。は古来中国には「神仙思想」という神通力をえた仙人いると考えられていた。山東省の蓬莱や泰山には神秘的な仙人橋や蜃気楼があり、神の力が宿るとされていた。そのため、古来から不老長寿の薬の研究行われていたという。

「鶴は千年、亀は万年」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

亀鶴之寿/亀鶴の寿

【対義語】

【注意】

「鶴は千年、亀は万年」の例文

【日本語】「鶴は千年亀は万年で、八十を越えた父には、ますます長生きして欲しい」
【英語】
Crane lives a thousand year and turtle lives a hundred thousand years.

タイトルとURLをコピーしました