ことわざ/心頭を滅却すれば火もまた涼し(しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし)とは?

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」意味と読み方

【表記】心頭を滅却すれば火もまた涼し
【読み】しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし
【ローマ字】SHINNTOUWOMEKKYAKUSUREBAHIMOMATASUZUSHI

【意味】
無念無想の境地にあれば、どんな苦痛も苦痛とは感じなくなるという教え。

説明

どんな苦痛であっても、心の持ち方次第でしのげるという教え。無念無想の境地に至れば、火さえも涼しく感じられるということから。武田信玄に仕えた禅僧快川が、甲斐の恵林寺で織田信長の軍勢に攻められ、火中に端座して焼死した時に発したという言葉。1582年、織田信長が甲斐の恵林寺に火を放ったとき、僧の快川がこの句を唱えながら焼死したという話が伝えられる。

詳細

注釈、由来

【注釈】「心頭」とは、こころのこと。 「滅却」とは、消し去ること。

【出典元】「杜荀鶴」
【語源・由来】杜荀鶴の詩『夏日悟空上人の院に題す』に「安禅必ずしも山水を須いず、心中を滅し得れば自ら涼し(安らかに座禅をくむには、必ずしも山水を必要とするわけではない。心の中から雑念を取りされば火さえも涼しく感じるものだ)」とある。

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

心頭滅却(しんとうめっきゃく)/心頭を忘却すれば火もまた涼し(しんとうをぼうきゃくすればひもまたすずし)

【類義語】

明鏡止水/則天去私/無念無想

【対義語】

【注意】

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」の例文

【日本語】「自分の置かれた状況を嘆いてばかりいるとは情けない。心を強く持つと、心頭を滅却すれば火もまた涼しだ」
【英語】
Nothing is impossible to a willing mind.

タイトルとURLをコピーしました