ことわざ/習慣は第二の天性なり(しゅうかんはだいにのてんせいなり)とは?

スポンサーリンク

「習慣は第二の天性なり」意味と読み方

【表記】習慣は第二の天性なり
【読み】しゅうかんはだいにのてんせいなり
【ローマ字】SHUUKANNHADAININOTENNSEINARI

【意味】
身についた習慣は、生まれつきの性質のようになる。
スポンサーリンク

説明

習慣はいつしか深く身について、まるで生まれつきの性質のように日常生活に影響を及ぼすということ。古代ギリシャの哲学者であるディオゲネス(ソクラテスの孫弟子にあたる人物。)のことばからとする説と、古代ローマの政治家・哲学者であるキケロの『至善至高論』とする説がある。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】習慣が人の性質に大きな影響を与えるということ。 古代ギリシャの哲学者であるディオゲネスのことばからとする説と、古代ローマの政治家・哲学者であるキケロの『至善至高論』とする説がある。

【出典元】古代ギリシャの哲学者・ディオゲネスのことば。
【語源・由来】古代ギリシアの哲学者であり、ソクラテスの孫弟子にあたるディオゲネスの言葉から。

「習慣は第二の天性なり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

習慣は自然の如し/習い性となる/習慣は常となる

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「習慣は第二の天性なり」の例文

【日本語】「習慣は第二の天性なりというから、子供のうちから規則正しい生活習慣をさせるようにしよう」
【英語】
Custom is a second nature./Habit is second nature./Habit is a second nature./Custom is another nature./Once a use and ever a custom.

タイトルとURLをコピーしました