ことわざ/知らぬが仏(しらぬがほとけ)とは?

「知らぬが仏」意味と読み方

【表記】知らぬが仏
【読み】しらぬがほとけ
【ローマ字】SHIRANUGAHOTOKE

【意味】
知れば腹も立つが、知らないばかりに仏のように穏やかでいられるということ。また、実態を知らずに平然としている人をあざけっていう言葉。

説明

事実を知れば、腹が立つこともあるが、知らなければ仏のように平穏でいられるという事。語源は江戸時代の「いろはかるた」の一つ。実際にだれが作ったのかは不明だが、このことわざには続きがあり、「知らぬが仏、知るが煩悩」と続く。「煩悩」は自分の欲望のことを指すが、ここでは心が何かに囚われている状態を指す。

詳細

注釈、由来

【注釈】事実を知れば感情に振り回されることも、知らなければ仏のように心おだやかでいられる。 事情を知らずに平然としているさまをあざけったり、知らないのをいいことに責任逃れをする意味としても使われる。

【出典元】「江戸いろはかるた」
【語源・由来】「江戸いろはかるた」のひとつ。

「知らぬが仏」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

見ぬもの清し/聞けば聞き腹/聞かぬが仏/知らぬは仏見ぬが神/人生、字を識るは憂患の始め/見ぬが仏、聞かぬが花/聞けば気の毒見れば目の毒/人生字を識るは憂患の始め/知らぬが仏、知るが煩悩/見ぬ物清し/知らぬが仏、見ぬが秘事/無いが極楽、知らぬが仏/世間知らずの高枕/見ぬは極楽、知らぬは仏/聞くは気の毒、見るは目の毒

【対義語】

【注意】
「知らねば仏」というのは誤り。

「知らぬが仏」の例文

【日本語】「彼に浮気相手がいることを、彼の奥さんは気づいておらず、夫婦仲は良好だそうだ。知らぬが仏ということか」
【英語】
Lgnorance is bliss./Ignorance is bliss./He that knows nothing doubts-nothing.

タイトルとURLをコピーしました