ことわざ/櫛風沐雨(しっぷうもくう)とは?

「櫛風沐雨」意味と読み方

【表記】櫛風沐雨
【読み】しっぷうもくう
【ローマ字】SHIPPUUMOKUU

【意味】
さまざまな苦労をすることのたとえ。

説明

風や雨にさらされながら苦労するという意味から。『荘子・天下』に墨子のことばとして「甚雨に沐し、疾風に櫛る」とある。「沐雨櫛風」「櫛風浴雨」「櫛風雨沐」とも。

詳細

注釈、由来

【注釈】「櫛風」とは風で髪をとかす、「沐雨」とは雨で体を洗うという意味。

【出典元】「荘子」
【語源・由来】-

「櫛風沐雨」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

沐雨櫛風(もくうしっぷう)

【類義語】

雨に沐い風に櫛る/風に櫛り雨に沐う

【対義語】

【注意】
「疾風沐雨」と書くのは誤り。

「櫛風沐雨」の例文

【日本語】「櫛風沐雨の長い下積みがあって、今の成功がある」
【英語】

タイトルとURLをコピーしました