ことわざ/親しき仲にも礼儀あり(したしきなかにもれいぎあり)とは?

「親しき仲にも礼儀あり」意味と読み方

【表記】親しき仲にも礼儀あり
【読み】したしきなかにもれいぎあり
【ローマ字】SHITASHIKINAKANIMOREIGIARI

【意味】
親しい間柄でも礼儀を重んじるべきであるという意味。

説明

親しい間柄でも遠慮がなくなると不仲のもとになるので、礼儀は大切だということ。仲の良い間柄であっても、度を過ぎて馴れ馴れしくするのは避けるべきだという教え。

詳細

注釈、由来

【注釈】「仲」は「中」とも書く。

【出典元】-
【語源・由来】仲の良い間柄であっても、度を過ぎて馴れ馴れしくするのは避けるべきだという教え。

「親しき仲にも礼儀あり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

親しき仲に礼儀あり(したしきなかにれいぎあり)

【類義語】

心安いは不和の基/良い仲には垣をせよ/良い仲も笠を脱げ/親しき仲は遠くなる/思う仲には垣をせよ/近しき仲にも礼儀あり/親しき仲に垣をせよ/よい仲も笠を脱げ/近しき仲に垣を結え

【対義語】

【注意】

「親しき仲にも礼儀あり」の例文

【日本語】「親しき仲にも礼儀ありで、いくら親子だからといって子供のかばんの中を物色してはならぬ」
【英語】
Love your neighbor, yet pull not down your hedge./A hedge between keeps friendship green.

タイトルとURLをコピーしました