ことわざ/事実は小説よりも奇なり(じじつはしょうせつよりもきなり)とは?

スポンサーリンク

「事実は小説よりも奇なり」意味と読み方

【表記】事実は小説よりも奇なり
【読み】じじつはしょうせつよりもきなり
【ローマ字】JIJITSUHASHOUSETSUYORIMOKINARI

【意味】
世の中の実際の出来事は、作られた小説よりもかえって不思議で波乱に富んだものであるという意味。
スポンサーリンク

説明

事件など、現実に起こる事実のほうが、趣向を凝らして作られる小説よりも不思議な変化に富んでいて面白いものだということ。イギリスの詩人バイロンの『ドン・ジュアン』にある言葉より。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「奇」は、珍しいこと・不思議なことの意。

【出典元】イギリスの詩人・バイロンの『ドン・ジュアン』にある言葉から。
【語源・由来】イギリスの詩人バイロンの『ドン・ジュアン』にある「Fact is stranger than fiction.(事実とは作り話よりも奇妙である。)」から。

「事実は小説よりも奇なり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
スポンサーリンク

「事実は小説よりも奇なり」の例文

【日本語】「事実は小説よりも奇なりで、嘘のような本当の話だ」
【英語】
Fact[Truth] is stranger than fiction./Truth is stranger than fiction.

タイトルとURLをコピーしました