ことわざ/竹屋の火事(たけやのかじ)とは?

「竹屋の火事」意味と読み方

【表記】竹屋の火事
【読み】たけやのかじ
【ローマ字】TAKEYANOKAJI

【意味】
怒ってぽんぽんと文句を言うことのたとえ。

説明

竹が焼けると、節の一つひとつがはじけて、ぽんぽんと大きな音を立てることから、竹屋が火事になると、さらにうるさく聞こえる。このことから、腹を立てて、ぽんぽんと文句をいったり、ずけずけと言いたい放題言ったりすることを指す。

詳細

注釈、由来

【注釈】竹が焼けると、節の一つひとつがはじけて、ぽんぽんと大きな音を立てることから。

【出典元】-
【語源・由来】竹屋が火事になると、竹が燃えてぽんぽん音を立ててはじけることから。

「竹屋の火事」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

竹藪の火事

【対義語】

【注意】

「 竹屋の火事」の例文

【日本語】「そのときの父は、まさに竹屋の火事のようだった」
【英語】
He gets angry and began to talk.

タイトルとURLをコピーしました