ことわざ/卵に目鼻(たまごにめはな)とは?

「卵に目鼻」意味と読み方

【表記】卵に目鼻
【読み】たまごにめはな
【ローマ字】TAMAGONIMEHANA

【意味】
卵に目と鼻がついているような、色白でかわいらしい顔だちのたとえ。

説明

卵のように白く綺麗な顔に、目と鼻をつけたような顔だということから、色白で、かわいらしい顔立ちということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「卵」は、きれいな顔のたとえ。赤ん坊や、幼い子供の可愛らしさのたとえとして使われる。

【出典元】-
【語源・由来】-

「卵に目鼻」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

炭団に目鼻/南瓜に目鼻

【対義語】

炭団に目鼻/南瓜に目鼻

【注意】

「卵に目鼻」の例文

【日本語】「彼女の娘は卵に目鼻をつけたような可愛らしい顔をしている」
【英語】
It is pretty.

タイトルとURLをコピーしました