ことわざ/足るを知る者は富む(たるをしるものはとむ)とは?

「足るを知る者は富む」意味と読み方

【表記】足るを知る者は富む
【読み】たるをしるものはとむ
【ローマ字】TARUWOSHIRUMONOHATOMU

【意味】
欲を出さないで自分の境遇に満足できる者は、たとえ貧しくても、精神的に富んでいるという意味。

説明

人間の欲望にはきりがないが、欲深くならずに分相応のところで満足することができる者は、心が富んで豊かであるということ。分相応の現状に満足できる者は、生活が貧しくても、心は安らかで豊かだということ。「老子」に「足るを知る者は富み、強(つと)めて行う者は志有り(満足することを知っている者は富者であるといえるし、努力して道を行おうとする者は志がある者だといえる。)」とある。満足することを知っている者は、生活が貧しくても精神的には豊であるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】「足る」とは、足りている、満足しているという意味。「富む」は豊かなという意味で、このことわざでは精神的に豊かであるということ。

【出典元】「老子」
【語源・由来】『老子』に「足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り(満足することを知っている者は富者であり、努力している者は志ある者であると言える)」とある。

「足るを知る者は富む」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

足るを知るは第一の富なり/富は足るを知るにあり/足ることを知れば福人

【対義語】

【注意】

「足るを知る者は富む」の例文

【日本語】「足るを知る者は富むで、彼女はいつでも幸せそうに微笑んで日々を送っている」
【英語】
Content is the philosopher’s stone, that turns all it touches into gold./Content is a kingdom./Content is the philosopher’s stone, that turns all it touches into gold./Content is the philosopher’s stone, that turns all it touches into gold./Content is a kingdom.

タイトルとURLをコピーしました