ことわざ/盾に取る(たてにとる)とは?

スポンサーリンク

「盾に取る」意味と読み方

【表記】盾に取る
【読み】たてにとる
【ローマ字】TATENITORU

【意味】
ある物事を、自分の身を守る口実にすること。言い訳の材料にすること。
スポンサーリンク

説明

ある物事を、言いがかりの手立てにしたり、自分の立場を守るための口実にしたりすること。また、相手を非難するための口実にすること。

スポンサーリンク

詳細

注釈、由来

【注釈】「盾」とは、敵の攻撃物から身を守る道具のこと。転じて、自分の立場を守る手段。

【出典元】-
【語源・由来】「盾(たて)」とは、敵の刀や槍、銃弾などを防いで身を守るための板状の防具のこと。 転じて、自分の立場などを守ろうとするという意味。

「盾に取る」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

【対義語】

【注意】
「縦に取る」と書くのは誤り。
スポンサーリンク

「盾に取る」の例文

【日本語】「知らなかったことを盾に取り、自分は悪くないと主張する」
【英語】
The thing is turned to its own advantage and its position is kept.

タイトルとURLをコピーしました