ことわざ/敵は本能寺にあり(てきはほんのうじにあり)とは?

「敵は本能寺にあり」意味と読み方

【表記】敵は本能寺にあり
【読み】てきはほんのうじにあり
【ローマ字】TEKIHAHONNNOUJINIARI

【意味】
本当の目的・目標が別のところにあるという意味。

説明

本来の目的を隠し、人の目をあざむくことをいう。本当の目的が別にあることのたとえ。明智光秀が備中(びっちゅう=岡山県)の毛利氏を攻めるため出陣したが急に方向を転じ、「わが敵は本能寺にあり」といい本能寺にいた主君織田信長を急襲したという戦国時代の話から。真の目的は別なところにあるということ。

詳細

注釈、由来

【注釈】主君である織田信長を明智光秀が急襲した名言より。

【出典元】-
【語源・由来】明智光秀が、備中(現在の岡山県)の毛利氏を攻めると称して出陣した途中で、急に方向を転じ、「わが敵は本能寺にあり」と言って、本能寺に止宿していた主君織田信長を急襲したという故事に基づく。

「敵は本能寺にあり」の言い換え、反対、似た言葉

【同義語】

【類義語】

十王が勧進も食おうがため

【対義語】

【注意】

「敵は本能寺にあり」の例文

【日本語】「敵は本能寺にありで、彼が彼女に優しくしているのは愛しているからじゃない。目当てにしているのは彼女の遺産だ」
【英語】
He that wipes the child’s nose kisses the mother’s cheek./Our Enemy is in the Honno-ji Temple./He that wipes the child’s nose kisses the mother’s cheek.

タイトルとURLをコピーしました